作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】しょうが肉だんごとねぎのスープ(荻野恭子)

2018年2月12日(再放送は2月13日)の放送は、荻野恭子さんの「冬におすすめ!ねぎ・しょうがレシピ」です。今回はその中から「しょうが肉だんごとねぎのスープ」の作り方を紹介します。

f:id:katakorix:20180130195041j:plain

[1人分290kcal 調理時間35分]

 

一見、よくある肉団子スープですが、生姜はみじん切りにしているのと、中華スープを使わないのがポイントです。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は250円くらいです。

f:id:katakorix:20180130195100j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年2月号[雑誌]

・ねぎ ・・・1本 

・肉ダネ

 ・豚ひき肉 ・・・200g

 ・しょうが ・・・30g

 ・水 ・・・大さじ2

 ・酒 ・・・大さじ1

 ・しょうゆ ・・・小さじ1

 ・塩 ・・・小さじ1/2

・スープ

 ・水 ・・・カップ3

 ・酒 ・・・大さじ1

 ・しょうゆ ・・・大さじ1/2

 ・塩 ・・・小さじ1/2

 ・砂糖 ・・・少々

・ごま油

 

作ってみた! 

1.ねぎは青い部分も含めて斜めきりにする。肉ダネのしょうがはみじん切りにする。

f:id:katakorix:20180130195118j:plain

!! 大量の生姜みじん切りは、かなり面倒です・・・

 

2.ボウルに肉ダネの材料を入れ、手でよく練り混ぜる。しょうがはすりおろさずに刻んで肉ダネに加えると、かみごたえや香りもアップ。

f:id:katakorix:20180130195157j:plain

 

3.鍋にごま油大さじ1/2を中火で熱し、ねぎを炒める。しんなりとして香りが出たら、スープの材料を加える。ねぎをごま油で炒めてから水を加えて煮ることで、コクとうまみが出る。

f:id:katakorix:20180130195220j:plain

 

4.スープが沸騰したら、肉ダネを一口大のボール状に丸めて加えていく。弱めの中火にし、肉に火が通るまで20分間ほど煮る。

f:id:katakorix:20180130195239j:plain

 

食べてみた! 

この日は、せん切り白菜のみそそぼろがけきゅうりの糠漬け、ご飯と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180130194844j:plain


肉だんごの生姜はすりおろさずにみじん切りにしているので、風味もよいですし、噛み応えもありました。

 

スープに中華スープの素などは使っていないので、くどくない優しめのお味です。具のねぎは炒めてあるので香ばしく、具とスープのバランスも良かったです。とても簡単ですし、材料費も安いので、是非また作りたい!です。

 

★★★

この日は、他に「蒸し鶏の椒麻(ジャオマ)ソースがけ」「椒麻ソース」「たらの椒麻ソース蒸し」「ねぎとりんごのチーズサラダ」「ジンジャーレモン酢豚」が紹介されました。