作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】鶏むね肉のしょうが焼き(堀江ひろ子)


スポンサーリンク

2018年2月13日(再放送は2月14日)の放送は、堀江ひろ子さんの「冬におすすめ!ねぎ・しょうがレシピ」です。今回はその中から「鶏むね肉のしょうが焼き」の作り方を紹介します。

f:id:katakorix:20180124181932j:plain

[1人分270kcal 調理時間20分]

 

食費の節約には、お安い鶏むね肉が欠かせません。今は野菜が高騰しているので、鶏むね肉を活用したいですよね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は500円くらいです。

f:id:katakorix:20180124181947j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年2月号[雑誌]

・鶏むね肉 ・・・(小)1枚(約200g)

・しょうが(すりおろす) ・・・大さじ1

・A

 ・かたくり粉 ・・・大さじ1と1/2

 ・しょうゆ・マヨネーズ ・・・各大さじ1

 ・砂糖 ・・・大さじ1/2

・ねぎ ・・・1本

・菜の花 ・・・1/2ワ

・B

 ・顆粒スープの素(中国風)、塩 ・・・各少々

・サラダ油

 

作ってみた! 

1.鶏肉は皮を除いて太さを半分に切り、繊維を断つようにして大き目のそぎ切りにする。肉の細いほうを左側にして置き、断面がなるべく大きくなるように、包丁を斜めにねかせて入れて切るとよい。

f:id:katakorix:20180124182002j:plain

 

2.Aをボウルに入れ、しょうがを加えてよく混ぜる。マヨネーズとかたくり粉入りのつけ汁で肉をコーティングされ、パサつかず柔らかく仕上がる。

f:id:katakorix:20180124182107j:plain

!! かたくり粉とマヨネーズがふっくらジューシーの秘密ですね。

 

1の肉を加えてからめ、サラダ油小さじ1を加えて軽くほぐす。

f:id:katakorix:20180124182122j:plain

 

3.ねぎは長さを2~3等分にして、縦半分に切る。さらに外側の白い部分に縦半分に切り目を入れ、

f:id:katakorix:20180124182235j:plain

 

4cm長さに切る。菜の花は3cm長さに切る。ねぎは、縦半分に切ってから写真のように白い部分にだけ切り目を入れると、芯の部分は縦半分、外側は4等分になる。

f:id:katakorix:20180124182251j:plain

 

4.フライパンにサラダ油少々をひいて中火で温め、2の肉を広げて並べる。下側に焼き色がついたら裏返し、反対側も焼いて器に盛る。

f:id:katakorix:20180124182310j:plain

 

5.4のフライパンにねぎと菜の花を入れてサラダ油大さじ1/2をまぶし、水大さじ1をふる。ふたをして強火で1分間ほど蒸らし、Bを加え、混ぜながら水けをとばして4に添える。

f:id:katakorix:20180124182337j:plain

 

食べてみた! 

この日は、簡単里芋のそぼろ煮、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180124210918j:plain

 

安価な鶏むね肉ですが、ふっくらとジューシーで全くパサついていませんでした。鉄板のしょうが焼き味なので、もちろん美味しかったですよ。

 

付け合わせの長ネギと菜の花の炒め物も爽やかで合っていましたよ。お弁当にもピッタリの一品です。

 

★★★

この日は、他に「ねぎとひき肉のミルフィーユ」「マーボーねぎ」「ねぎと鶏スペアリブのしょうがみそ煮」「ねぎのモチモチ焼き」が紹介されました。