作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理 ビギナーズ】れんこんのひき肉のせ照り焼き

2018年2月13日、2月27日(再放送は2月14日、2月28日)の放送は、「たっぷり食べよう冬野菜のおかず 食感の変化が楽しい!れんこん」の中から「れんこんのひき肉のせ照り焼き」の作り方を紹介します。 

 

f:id:katakorix:20180124090514j:plain

[1人分350kcal 調理時間20分]

 

れんこんはシャキシャキした食感が好きですが、煮込んでモッチリさせるのも良いですよね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は500円くらいです。 

f:id:katakorix:20180124090532j:plain

 

引用元:きょうの料理ビギナーズ2018年2月号[雑誌]

・れんこん ・・・4~5cm(150g)

・豚ひき肉 ・・・150g

・A

 ・ねぎ(みじん切り) ・・・大さじ3

 ・しょうが(みじん切り) ・・・小さじ2

 ・かたくり粉 ・・・大さじ1

 ・塩 ・・・小さじ1/4

 ・こしょう ・・・少々

・B

 ・酒 ・・・大さじ1と1/2

 ・しょうゆ ・・・大さじ1と1/2

 ・砂糖 ・・・小さじ2

 ・みりん ・・・小さじ2

・リーフレタス ・・・適量

[常備品]酢、小麦粉、サラダ油

 

作ってみた! 

●下ごしらえする●

1.れんこんは7~8mm厚さの輪切りにし、6枚用意する。

2.ボウルに水カップ2と1/2、酢小さじ1を混ぜ合わせ、れんこんを入れて約3分間さらす。酢を加えるとアクが抜けて変色しにくくなる。ざるに上げ、ペーパータオルにはさんで水けをしっかり拭く。

f:id:katakorix:20170926101504j:plain

 

3.ボウルにひき肉、Aを入れ、粘りが出るまで手でよく練り混ぜる。表面を平らにし、6等分にする(肉ダネ)。

f:id:katakorix:20180124090627j:plain

 

3.ボウルにひき肉、Aを入れ、粘りが出るまで手でよく練り混ぜる。表面を平らにし、6等分にする(肉ダネ)。

f:id:katakorix:20180124090718j:plain

 

●れんこんに肉ダネを詰める●

4.れんこん全体に小麦粉適量をまぶし、軽くはたいて薄くつけ、まな板などに並べる。

f:id:katakorix:20180124090736j:plain

 

5.3の肉ダネを1つずつのせ、手で押して穴に詰める。れんこんの面を見て、穴にしっかり詰まっていたら、肉ダネを平らに整える。

6.小麦粉適量を茶こしに入れ、表面に薄くふりかける。

f:id:katakorix:20180124090811j:plain

 

●焼く●

7.フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、6を肉の面を下にして並べ入れ、ふたをする。約2分間焼いて焼き色がついたら返し、弱めの中火にし、ふたをして4~5分間焼く。

f:id:katakorix:20180124090833j:plain

 

8.Bを混ぜ合わせる。溶けだした脂をペーパータオルで拭き取り、Bを回しかける。強めの中火にし、1~2回返しながら全体にからめる。器に盛り、ちぎったリーフレタスを添える。

f:id:katakorix:20180124090927j:plain

 

食べてみた! 

この日は、焼き油揚げ、めかぶ、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180124090942j:plain

 

もっちりしたれんこんとひき肉がよく合います。れんこんが加わると食べごたえがありますね。

 

甘辛い味つけなので、ご飯も進みますよ。お弁当にもぴったりのおかずです。

 

★★★

この日は、他に「れんこんと桜えびの落とし揚げ」「れんこんのごまマヨあえ」が紹介されました。