作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理 ビギナーズ】ぶり大根


スポンサーリンク

2018年1月10日、1月24日(再放送は1月11日、1月25日)の放送は、「フライパンで簡単!煮物&蒸しおかず」の中から「味をしみ込ませて 煮魚 ぶり大根」の作り方を紹介します。 

 

f:id:katakorix:20171224204903j:plain

[1人分410kcal 調理時間25分]

 

冬の定番「ぶり大根」は、脂ののったぶりの旨味が大根にしみ込んで美味しいですよね。フライパン一つで作れて、意外に洗い物が少ないのも魅力です。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費はぶり多めで550円くらいです。 

f:id:katakorix:20171224204925j:plain

 

引用元:きょうの料理ビギナーズ2018年1月号[雑誌]

・ぶり(切り身) ・・・2切れ(250g)

・大根 ・・・300g

・しょうが ・・・15g

・A

 ・酒 ・・・カップ1/2

 ・砂糖 ・・・大さじ1

 ・みりん ・・・大さじ1

 ・しょうゆ ・・・大さじ2

[常備品]塩

 

作ってみた! 

◆下ごしらえをする◆

1.ぶりは1切れを3等分に切る。

f:id:katakorix:20171224205015j:plain

 

ざるに並べて塩少々をふり、約5分間おく。

f:id:katakorix:20171224205038j:plain

!! 塩をしておくと、余分な水分が引き出されて、後の霜降りで魚臭さが取れやすくなります。 

 

熱湯を回しかけ、湯をきる(霜降り)。

f:id:katakorix:20171224205057j:plain

!! 霜降りすることで、魚独特のくせが出にくく、煮くずれしにくくなるそうです。

 

2.しょうがはよく洗って皮をむく。千切りにして水につけ、途中、濁ったら水をかえながら約5分間さらし、水けをきる。皮はとっておく。

f:id:katakorix:20171224205126j:plain

 

3.大根は縦に四つ割りにしてから斜め半分に切る。

f:id:katakorix:20171224205147j:plain

 

◆煮る◆

4.小さめのフライパンに大根を入れ、水カップ1と1/2を注いで中火にかける。煮立ったら弱めの中火にし、約5分間煮る。

f:id:katakorix:20171224205205j:plain

 

5.しょうがの皮とぶりを加え、1~2分間煮る。

f:id:katakorix:20171224205226j:plain

 

Aを順に入れ、中火にする。

f:id:katakorix:20171224205248j:plain

 

 

6.煮立ったら落としぶたをし、弱めの中火で7~8分間煮る。

f:id:katakorix:20171224205314j:plain

 

大根に竹串を刺してスーッと通ったらでき上り。

f:id:katakorix:20171224205333j:plain

 

煮汁が多ければ落としぶたを外し、強めの中火で少し煮詰める。しょうがの皮を除く。

f:id:katakorix:20171224205419j:plain

 

7.器に盛り、2のしょうがのせん切りをのせる。

 

食べてみた! 

この日は、湯豆腐、明太子、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171224205455j:plain

 

大根にぶりの旨味が染みていて美味しかったです。

 

先日もぶり大根を紹介しましたが、 

 

今回のレシピの方が大根を小さく切っているので、味はよく染みていましたよ。味はどちらも美味しかったです。

 

★★★

この日は、他に「かれいのおろし煮」「たらのトマトソース煮」が紹介されました。