作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】大根と鶏肉のしょうが焼き(村田吉弘)


スポンサーリンク

2017年11月21日(再放送は11月22日)の放送は、村田吉弘さんの「フライパンで!冬野菜の簡単おかず」です。今回はその中から「大根と鶏肉のしょうが焼き」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20171114220125j:plain

 

鶏肉は2人前で150gしか使わないので、財布に優しいおかずですね。冬野菜をたっぷり食べられるので、今の時期に食べたいレシピです。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は400円くらいです。
f:id:katakorix:20171115092058j:image

 

引用元:きょうの料理2017年11月号[雑誌]

・大根 ・・・12cm

・青ねぎ ・・・50g

・鶏もも肉 ・・・150g

・A

 ・しょうが(すりおろす) ・・・大さじ2(30g)

 ・みりん、しょうゆ ・・・各大さじ3

 ・酒 ・・・大さじ9

 ・砂糖 ・・・少々

・柚子の皮(せん切り) ・・・1/2コ分

・小麦粉、サラダ油

 

作ってみた!

1.Aを合わせておく。青ねぎは約1cm幅の斜め切りにする。 

f:id:katakorix:20171114220343j:plain

 

大根は3cm厚さの輪切りにし、皮をむく。片面に約5mmの感覚で切り目を入れる。上下を返して90度回転させてから、同様に切り込みを入れる。大根の上下両面に細かい切り目を入れる。上下の切り目が、同じ方向だと煮くずれやすくなるので、90度向きをかえる。 

f:id:katakorix:20171114220405j:plain

!! 切り目を入れるのがポイントですね。

 

鶏肉は食べやすい大きさにそぎ切りにし、小麦粉をしっかりまぶして余計な粉をはたく。 

f:id:katakorix:20171114220427j:plain

 

2.大根を耐熱皿にのせ、ラップをかけて電子レンジ(600W)に約8分かける。柔らかくなったら上下両面に小麦粉を薄くまぶす。側面にはまぶさなくてよい。 

f:id:katakorix:20171114220451j:plain

 

3.フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、大根を焼く。しっかり焼き色がついたら裏返す。 

f:id:katakorix:20171114220510j:plain

 

1の鶏肉を加え、焼き色がついたら裏返す。大根は電子レンジにかけて中まで柔らかくなっているので、焼き色がつけばよい。 

f:id:katakorix:20171114220530j:plain

 

4.大根と鶏肉の両面が焼けたらよく混ぜたAを加えて強火にし、煮汁をからめながら4~5分間焼く。途中、1~2度大根と鶏肉の上下を返す。 

f:id:katakorix:20171114220552j:plain

 

5.たれにとろみが出てきたら青ねぎを加える。青ねぎがしんなりしたら器に盛り、フライパンに残ったたれをかけ、柚子の皮をのせる。 

f:id:katakorix:20171114220611j:plain

 

食べてみた! 

この日は、白菜と油揚げのからしじょうゆあえ、茹でブロッコリー、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171114220200j:plain

 

少しの鶏肉で、ボリュームのある一品となりました。味もとても美味しかったです。しっかり味でご飯が進みます。

 

ただ、大根が少し硬かった・・・大根の状態や電子レンジによって、火の通り時間は異なるので、チェックが必要でしたね。

 

★★☆

この日は、他に、「ほうれんそうと豚バラのサッと煮」「白菜と油揚げのからしじょうゆあえ」「にんじんとしょうがのおかずきんぴら」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com