作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】さけバーグ(大原千鶴)


スポンサーリンク

2017年11月16日(再放送は11月17日)の放送は、大原千鶴さんの「もっと気軽に魚介レシピ」です。今回はその中から「さけバーグ」の作り方を紹介します。


f:id:katakorix:20171109201522j:image

 

さけを加えた豆腐ハンバーグです。さけは火を通すとパサつくので、きちんと油分をプラスすると美味しくなるそうです。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は900円くらいです。
f:id:katakorix:20171109201535j:image

 

引用元:きょうの料理2017年11月号[雑誌]

・生ざけ(切り身) ・・・2切れ(200g)

・絹ごし豆腐 ・・・100g

・れんこん、たまねぎ ・・・各40g

・A

 ・かたくり粉 ・・・大さじ1と1/2

 ・ごま油 ・・・大さじ1/2

 ・しょうが(すりおろす) ・・・小さじ1

・B

 ・みりん ・・・大さじ3

 ・うす口しょうゆ ・・・大さじ1と1/2

・さやいんげん(ゆでておく) ・・・12本

・ミニトマト(半分に切る) ・・・2コ分

・柚子の皮(せん切り) ・・・少々

・酒、塩、ごま油

 

作ってみた!

1.生ざけは皮と小骨を取り除き、ブツ切りにする。酒大さじ1、塩少々をふって10分間おく。

f:id:katakorix:20171109201559j:image

!! 酒と塩をふって10分間置いておくと雑味が取れるそうです。

 

2.絹ごし豆腐は厚手の紙タオルで包み、おもしをして厚みが半分くらいになるまで水けをきる。

f:id:katakorix:20171109201611j:image

 

れんこんとたまねぎはそれぞれ粗みじん切りにする。

f:id:katakorix:20171109201625j:image

 

3.さけの水けを拭いてボウルに入れ、2とAを加えてよく練り混ぜる。さけの身をつぶすようにして全体をよく練り混ぜる。

f:id:katakorix:20171109201721j:image

!! さけの皮部分をきちんと取っておかないと、練り混ぜにくいです。

 

2等分にして小判形に調える。

f:id:katakorix:20171109201735j:image

 

4.フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、3のタネを並べ入れ、ふたをして中火で2分間焼く。裏返してふたをし、さらに2分間蒸し焼きにする。

f:id:katakorix:20171109201828j:image

 

5.Bを加えて全体にからめ、とろみがついたらさけバーグを取り出す。

f:id:katakorix:20171109201849j:image

 

さやいんげんを加えて軽く煮詰める。

f:id:katakorix:20171109201859j:image

 

6.5を器に盛って煮汁をかける。ミニトマトを添え、柚子の皮をのせる。

  

食べてみた! 

この日は、めかぶ、白菜漬け、納豆、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  
f:id:katakorix:20171109201945j:image

 

くせがなく、とても食べやすかったです。体にも良さそうですね。

れんこんのシャキシャキした食感がとても美味しかったです。

 

作り方も簡単ですし、短時間でできあがる割には豪華で見た目も良かったです。また作ります。

 

★★☆

この日は、他に、「さけのクリーム煮」「さけのみそマヨネーズ焼き」「さけフライ」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com