作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理 ビギナーズ】ローストビーフ(バツ江のスパルタ洋食塾)


スポンサーリンク

2017年11月6日、11月20日(再放送は11月7日、11月21日)の放送は、「バツ江のスパルタ洋食塾」の中から「生焼けはバツ!ローストビーフ」の作り方を紹介します。 

 
f:id:katakorix:20171104194458j:image

  

ローストビーフはバラ色に仕上げるのが難しいです。

 

奮発して買ってきた牛の塊肉で失敗したくありません。きちんと手順を覚えて、美味しく調理したいですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(つくりやすい分量) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費はクレソンをカイワレ大根に置き換えて、950円くらいです。 
f:id:katakorix:20171104194525j:image

 

引用元:きょうの料理ビギナーズ2017年11月号[雑誌]

・牛もも肉(塊) ・・・300~350g

・クレソン ・・・1ワ

[常備品]サラダ油、塩、こしょう

 

作ってみた! 

1.常温に戻す

牛肉は調理する1~2時間前に冷蔵庫から出し、バットなどに移して常温に戻す。  

f:id:katakorix:20171104194539j:image

!! 冷たいまま調理をし始めると、中まで火が通りにくいそうです。

 

2.焼く

フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、牛肉を入れて弱めの中火で焼く。

f:id:katakorix:20171104194555j:image

 

焼き色がついたら返し、各方面をしっかり焼く。

f:id:katakorix:20171104194616j:image

 !! 塊肉を焼く時はトングが便利ですよ。

  

両端の小さい面も焼く。合計で10~15分間を目安にし、全体に均等に焼き色をつける。

f:id:katakorix:20171104194628j:image

 

肉を取り出してバットに入れ、全体に塩小さじ2/3、こしょう少々をふる。

f:id:katakorix:20171104194641j:image !! ここで初めて味をつけるんですね。

 

3.休ませる

アルミ箔などでバットごとふんわりと覆い、そのまま約10分間おいて休ませる。

f:id:katakorix:20171104194655j:image

 

4.仕上げる

繊維方向を横にして置き、端から薄めに切る。斜めにねかせるように包丁を入れてそぎ切りにすると面積が広くなる。

f:id:katakorix:20171104194705j:image

 

●盛りつける

器に盛り、クレソンを飾る。好みで塩少々をふって食べる。

  

食べてみた! 

この日は、ピーマン炒め、ご飯、納豆、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171104210101j:plain

 

きれいなバラ色に仕上がりました。①常温に戻す②各方面を焼く③休ませるがポイントですね。

 

とても手順が少なくて、簡単でした。30分もあれば出来てしまいますよ。豪華で美味しかったので、お肉を安く入手できたら、ぜひ、また作りたいレシピです。

  

★★★

この日は、他に「チキンソテー」が紹介されました。