作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理 ビギナーズ】カレーライス(バツ江のスパルタ洋食塾)


スポンサーリンク

2017年10月31日、11月14日(再放送は11月1日、11月15日)の放送は、「バツ江のスパルタ洋食塾」の中から「うまみと香りがないのはバツ!カレーライス」の作り方を紹介します。 

 

f:id:katakorix:20171028220121j:plain

  

ルーを使わず、カレー粉だけで作るカレーライスです。カレー粉は意外にカロリーが高いので、なるべつ使いたくないですよね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は800円くらいです。

f:id:katakorix:20171028220144j:plain

 

引用元:きょうの料理ビギナーズ2017年11月号[雑誌]

・鶏もも肉(骨付き/ブツ切り) ・・・300g

・たまねぎ ・・・1コ(200g)

・トマト ・・・2コ(250g)

・しょうが ・・・15g

・にんにく ・・・2かけ

・ご飯(温かいもの) ・・・350~400g

・カレー粉 ・・・適量

[常備品]塩、こしょう

 

作ってみた! 

1.下ごしらえをする

玉ねぎは縦に薄切りにし、 

f:id:katakorix:20171028220234j:plain

 !! 玉ねぎは炒めないので簡単ですね。

 

しょうがはみじん切りにする。にんにくは縦半分に切り、芯を除いてつぶす。

f:id:katakorix:20171028220257j:plain

 

トマトはヘタを除き、2cm角に切る。 

f:id:katakorix:20171028220314j:plain

  

鶏肉はペーパータオルで水けを拭く。 

f:id:katakorix:20171028220332j:plain

!! 鶏もも肉は骨付きのものが手に入らなかったので、普通の鶏もも肉を使いました。

 

2.鶏肉を焼く

鍋(あれば厚手の煮込み用)にサラダ油小さじ2を中火で熱し、鶏肉を皮を下にして並べ入れ、強めの中火で焼く。 

f:id:katakorix:20171028220359j:plain

 

焼き色がついたら返し、全体を焼く。 

f:id:katakorix:20171028220420j:plain

  

しっかりと焼き色がついたら、火を止めて鶏肉を取り出す。 

f:id:katakorix:20171028220440j:plain

 

3.たまねぎを炒める。

鶏肉を取り出した鍋にたまねぎ、塩小さじ1/2を入れ、弱めの中火にかけて鍋底をこそげながら炒める。 

f:id:katakorix:20171028220503j:plain

  

しんなりしたら、カレー粉大さじ1を加える 

f:id:katakorix:20171028221207j:plain

 

 

さらによく炒めてカレー粉をたまねぎになじませる。 

f:id:katakorix:20171028222117j:plain

 

4.煮る

カレー粉の香りがたったら、トマトを加える。 

f:id:katakorix:20171028222151j:plain

 

水カップ1と1/4を注ぎ、塩小さじ1/2弱、にんにく、しょうがを加え、強火にする。 

f:id:katakorix:20171028220605j:plain

  

取っ出した鶏肉を戻し入れる。バットに肉汁が残っていたら、加えるとよい。 

f:id:katakorix:20171028220634j:plain

 

煮立ったらふたをし、弱めの中火で約20分間煮る。 

f:id:katakorix:20171028220751j:plain

 

5.仕上げる

にんにくが柔らかくなったら、へらなどで鍋肌に押しつけてつぶす。カレー粉大さじ1/2を加え、2~3分間煮て火を止める。カレー粉を2回に分けて加えると風味が生きる。 

f:id:katakorix:20171028220825j:plain

 

●盛りつける

器にご飯と一緒に盛る。

  

食べてみた! 

この日は、野菜サラダ、野菜スープと一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171028220850j:plain

 

市販のカレールーを使わないでも、おいしいカレーができました。サラサラ系のカレーです。

 

今回は骨付き肉を使わなかったので、使ったら、さらにコクが出て美味しかったと思いますよ。

  

★★☆

この日は、他に「ハッシュドビーフ」が紹介されました。