作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】きのこの吸いトリ混ぜご飯(平野レミ)


スポンサーリンク

2017年10月30日(再放送は10月31日)の放送は、平野レミさんの「キッチン・ドレミ 20分で晩ごはん」です。今回はその中から「きのこの吸いトリ混ぜご飯」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20171030125823j:plain

 

うまみたっぷりの煮汁をご飯に混ぜ合わせるだけの、簡単な混ぜご飯です。電子レンジだけで出来あがるいり卵も良いですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2~3人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は400円くらいです。

f:id:katakorix:20171030125846j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年11月号[雑誌]

・生しいたけ ・・・3~4枚(50g)

・しめじ ・・・1パック(100g)

・鶏もも肉(こま切れ) ・・・100g

・A

 ・酒、みりん、しょうゆ ・・・各大さじ1と1/2

 ・塩 ・・・小さじ1/4

・卵 ・・・1コ

・ご飯(温かいもの) ・・・400g

・甘栗(皮がむいてあるもの/市販) ・・・8コ

・みつば ・・・適量

・柚子こしょう ・・・適宜

・サラダ油、塩

 

作ってみた!

1.しいたけは石づきを除き、軸をねじり取って、かさを薄切りにする。軸は「軸のマジック」用にとっておく。 

f:id:katakorix:20171030125940j:plain

 

しめじは頭から1cm長さのザク切りにし、根元は除く。 

f:id:katakorix:20171030130034j:plain

!! しめじは頭から切れば、まな板の上に散らばりませんね。

 

2.フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、鶏肉を炒める。 

f:id:katakorix:20171030130142j:plain

!! 鶏肉はまな板が汚れないように、ハサミで細かくしました。

 

鶏肉の色が変わったらAと1のきのこを加えて 

f:id:katakorix:20171030130244j:plain

 

ふたをし、火を弱めて3~5分間煮る。

f:id:katakorix:20171030130333j:plain

 

3.背の高い耐熱コップに卵を割り入れ、塩少々を加えて溶きほぐす。

f:id:katakorix:20171030130411j:plain

 

ラップをせずに電子レンジ(600W)に1分間かけ、すぐに4~5本の菜箸で混ぜていり卵状にする。

f:id:katakorix:20171030130453j:plain

!! このいり卵の作り方は気に入りました。あっという間に出来上がりましたよ。

 

4.2の火を止めて、ご飯と半分に切った甘栗をフライパンに加えて混ぜ、煮汁を吸わせる。器に盛り、ざく切りにしたみつばといり卵を散らし、好みで柚子こしょうを添える。

f:id:katakorix:20171030130554j:plain

!! ご飯400gは1合半程度です。

 

食べてみた! 

この日は、大根と豚バラ肉の南蛮煮、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171030130618j:plain

 

とにかく簡単で気に入りましたが、絶品というほどではありません。

甘栗がほんのり甘いので、甘さとしょっぱさが混じりあっていて良いです。

 

気に入ったのは、電子レンジだけで出来るいり卵。ちょっとした飾り用には簡単でオススメです。

 

★★☆

この日は、他に、「きのこの発酵炒め」「キノ子とコウジのおすまし」「きのこのグリルサラダ」「軸のマジック」が紹介されました。

 

www.tsukuttemita.com