作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】たたきれんこんと鶏手羽のポトフ(脇雅世)


スポンサーリンク

2017年10月3日(再放送は10月4日)の放送は、脇雅世さんの「れんこん大百科 洋風のおかず」です。今回はその中から「たたきれんこんと鶏手羽のポトフ」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20171002194938j:plain

 

具材を鍋に放り込んでおけば良いので、とても簡単です。れんこんがモッチリ、ほくほくして美味しそうですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で600円くらいです。

f:id:katakorix:20171002195001j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年10月号[雑誌]

・れんこん ・・・200g

・たまねぎ ・・・1/2コ(100g)

・にんじん ・・・1/2本(80g)

・セロリ ・・・1/2本(50g)

・鶏手羽先 ・・・6本(350g)

・ローリエ ・・・1枚

・粒マスタード ・・・適宜

・サラダ油、塩、黒こしょう(粗びき)

 

作ってみた! 

1.れんこんは皮をむき、太い物は縦半分に切る。麺棒などで軽くたたき、手で食べやすく割って水に放す。れんこんはたたいてひびを入れて割ると断面が複雑になるので味がよくしみ、刻んだ野菜もからみやすい。大き目の一口大にして煮れば、モッチリとした食感に。 

f:id:katakorix:20171002195035j:plain

!! れんこんを叩いて割るのがこのレシピの最大のポイントですね。

 

たまねぎ、にんじん、セロリはみじん切りにする。 

f:id:katakorix:20171002195055j:plain

 

鶏手羽先は先端を切り落とす。上下の関節の間に2cmほどの長さの切り目を入れ、表面の水けを紙タオルで拭き取る。2本の関節の部分を切り離しておくと、肉が外れやすくなるので食べやすい。 

f:id:katakorix:20171002195114j:plain

!! 手羽先は冷凍保存しておいて、スープを取るのに使えるそうですよ。

 

3.鍋にサラダ油小さじ1を中火で熱して2を並べ入れ、画面にしっかりと焼き色をつけて取り出す。

f:id:katakorix:20171002195138j:plain

!! 焦げ付いてしまって、ちょっと失敗です。

 

4.3の鍋に残った脂が多ければ、適量を残して紙タオルなどで取る。1のたまねぎ、にんじん、セロリを加えて塩小さじ1/2をふり、しんなりするまで炒める。 

f:id:katakorix:20171002195203j:plain

 

5.3の肉を戻し、れんこんの水けをきって加え、ローリエ、黒こしょう少々、水カップ2と1/2を加える。

f:id:katakorix:20171002195223j:plain

 

煮立ったら火をやや弱め、ふたをして約25分間煮る。器に盛り、好みで塩、黒こしょう、粒マスタードを添える。

f:id:katakorix:20171002195241j:plain

 

食べてみた! 

この日は、サラダ、厚揚げ焼き、ご飯、納豆と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171002195300j:plain

 

ポトフはよく作るのですが、れんこんがメインのポトフは初めてです。鶏手羽の濃いスープが叩いたれんこんに良く染みていて、美味しかったです。

 

作り方も簡単なので、寒い冬にまた作るかもしれませんね。

 

★★☆

この日は、他に、「ヒラヒラれんこんバーグ」「れんこんビーフシチュー」「れんこんのシャキとろポタージュ」「れんこんの洋風きんぴら」「れんこんのスティック揚げ」が紹介されました。