作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】れんこんと豚肉の照り煮(本田明子)


スポンサーリンク

2017年10月2日(再放送は10月3日)の放送は、本田明子さんの「れんこん大百科 和食のおかず」です。今回はその中から「れんこんと豚肉の照り煮」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20170926100348j:plain


れんこんは大好きな食材ですが、いつも決まった料理になってしまいます。食物繊維も豊富なので、ぜひ積極的に摂りたい食材ですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2~3人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で550円くらいです。

f:id:katakorix:20170926101320j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年10月号[雑誌]

・れんこん ・・・250~300g

・豚薄切り肉(肩ロースまたはバラ) ・・・150g

・A

 ・みりん ・・・大さじ3

 ・しょうゆ ・・・大さじ1と1/2

・溶きがらし ・・・適量

  

作ってみた!

1.れんこんは薄く皮をむいて1cm厚さの輪切りにし、たっぷりの水につけてザブリと洗う。 

f:id:katakorix:20170926101402j:plain

 

水けをきって鍋に入れ、水カップ2を加えて強めの中火にかける。フツフツとしてきたらふたをして中火にし、10分間ほどゆでる。 

f:id:katakorix:20170926101504j:plain

 

 2.豚肉は食べやすい長さに切る。ボウルにAの調味料を合わせて豚肉を加え、下味をからめておく。 

f:id:katakorix:20170926101621j:plain

 

3.1のれんこんが好みの柔らかさになったらふたを取り、豚肉をれんこんの上にヒラリヒラリとのせていく。ここで鍋にれんこんのゆで汁が残っていてもOK。捨てずに、上から肉を加えていく。

f:id:katakorix:20170926101723j:plain

 

ボウルに残った調味料も加え、そのままさわらずにふたをして、中火で3~5分間煮る。

f:id:katakorix:20170926101745j:plain

 

 

4.肉に火が通ったら、ふたを取って火を強め、汁けがなくなるまで混ぜて味をからめる。 

f:id:katakorix:20170926101806j:plain

!! けっこう長い時間煮詰めましたよ。

 

火を止めて、食べる直前までふたをしておき、余熱で味を含ませる。器に盛り、溶きがらしを添える。

f:id:katakorix:20170926101825j:plain

!! 「溶きがらし」普通の「ねりがらし」で代用しました。

 

食べてみた! 

この日は、チーズとろとろ茶碗蒸し、なすとトマトの和えサラダ、ご飯、みつばのお吸い物と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20170926095530j:plain

 

材料も工程も少なくて、簡単に作れる一品でした。

 

味もシンプルで美味しかったです冷めても美味しいので、お弁当にも良さそうですね。

 

★★☆

この日は、他に、「はす肉だんご」「れんこんとえびのしょうが炒め」「れんこんすいとん」「三目れんこん」「れんこんのカレーきんぴら」が紹介されました。