作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】豆もやしの焼きそば(栗原はるみ)

2017年9月14日(再放送は9月18日)の放送は、栗原はるみさんの「定番ごはん」です。今回はその中から「豆もやしの焼きそば」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20170908221256j:plain

 

豆もやしの豆を取り分けて使うって、珍しいですよね。具は豆もやしだけなのに、豪華な一品になりました。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

●材料(2~3人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で200円くらいです。 

f:id:katakorix:20170908221408j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年9月号[雑誌]

・中華麺(蒸し/焼きそば用) ・・・2玉

・豆もやし ・・・1袋(200g)

・にんにく(たたいてつぶす) ・・・2かけ分

・天ぷら粉(市販) ・・・大さじ2

・A

 ・スープ ・・・カップ1

 ・黒酢 ・・・大さじ4

 ・しょうゆ、砂糖、紹興酒(または酒) ・・・各大さじ1

・水溶きかたくり粉

 ・かたくり粉 ・・・大さじ1

 ・水 ・・・大さじ1

・赤とうがらし(種を取って小口切り) ・・・1~2本分

・サラダ油、揚げ油 

 

●さっそく、作ってみた! 

1.豆もやしは洗って水けをよくきり、ひげ根を取って豆を取り分けておく。  

f:id:katakorix:20170908221439j:plain

!! こんな豆もやしの使い方は初めてです。

 

2.水溶きかたくり粉の材料を混ぜ合わせておく。 

f:id:katakorix:20170908221459j:plain

  

3.小鍋にAを合わせておく。 

f:id:katakorix:20170908221525j:plain

 

4.中華麺は手で1本ずつ丁寧にほぐす。  

f:id:katakorix:20170908221544j:plain

!! けっこうピッタリくっついているので、丁寧にほぐす必要がありますね。

 

フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、麺を入れて広げ、弱めの中火で15~20分間かけて焼きつける。 

f:id:katakorix:20170908221635j:plain

!! 時間はかかりますが、放置しておけば良いのです。

 

焼き色がついたら、菜箸などで麺を持ち上げながら空気を入れて上下を返し、サラダ油大さじ1を回し入れてさらにカリッと焼く。

f:id:katakorix:20170908221713j:plain

 

5.1で取り分けたもやしの豆をボウルに入れ、天ぷら粉をまぶして冷水大さじ1と1/2~2を加え、サックリと混ぜる。 

f:id:katakorix:20170908221734j:plain

!! 豆の天ぷらは、揚げたてに塩をぱらっとふれば、おつまみになるそうですよ。食べてみたら美味しかったです。

 

170~180℃の揚げ油に一気に入れ、散らしながらカリッと揚げ、油をよくきる。 

f:id:katakorix:20170908221801j:plain

 

6.3を火にかけて温める。 

f:id:katakorix:20170908221525j:plain

   

 フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、にんにくを入れる。 

f:id:katakorix:20170908221916j:plain

 

香りが出てきたら、もやしを加えて強火にし、

f:id:katakorix:20170908222011j:plain

  

3を加える。煮立ったら2の水溶きかたくり粉をもう一度混ぜてから加え、とろみをつける。 

f:id:katakorix:20170908222034j:plain

 

7.器に4の麺をほぐして盛り、6をかける。5の豆の天ぷらをのせ、赤唐辛子を散らす。

  

●食べてみた!

この日は、お昼ご飯にいただきました。  

f:id:katakorix:20170908222118j:plain

 

驚くほど美味しかったです!豆は揚げたことで、しっかりした具材になっておりました。それよりも、麺と汁が美味しくてお店の味でした。

 

ただ、豆もやしの根を取って豆を分けたり、麺を丁寧にほぐしたり、揚げ油を準備して豆を揚げたりと、工程はかなり面倒くさいです。

 

次回は普通のもやしを使って、揚げ物は無しで作ってみようと思います。それでも、十分に美味しいと思いますよ。今すぐ、また作りたい一品です。

    

★★

この日は、他に、「もやしの春巻」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com