作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】きのこのみそ風味煮(松田美智子)

2017年9月12日(再放送は9月13日)の放送は、松田美智子さんの「和食スタイル」です。今回はその中から「きのこのみそ風味煮」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20170822142428j:plain

 

時々、大量のきのこを食べたくなります。蒸し煮にすれば、かさが減って大量に食べられますよね。味噌を入れることで、おかずにもおつまみにもなりますね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

●材料(つくりやすい分量)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は600円くらいです。 

f:id:katakorix:20170822142509j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年9月号[雑誌]

・生しいたけ ・・・8枚

・しめじ ・・・2パック

・えのきだけ ・・・1袋

・たまねぎ ・・・1/2コ

・赤ピーマン ・・・2コ

・A

 ・にんにく(せん切り) ・・・大さじ1

 ・オリーブ油 ・・・大さじ2

・白ワイン ・・・大さじ3

・B

 ・みそ ・・・大さじ1

 ・フレンチマスタード ・・・大さじ1

・米酢 ・・・大さじ1

・パセリ(みじん切り) ・・・大さじ2

・塩、こしょう

 

●さっそく、作ってみた! 

下準備として、にんにくを千切りにしておく。 

f:id:katakorix:20170822142546j:plain

 

1.きのこはすべて紙タオルで汚れを拭く。しいたけは石づきを取り、軸を外す。軸は手で裂き、かさは食べやすい大きさにちぎる。しいたけの軸は、手で細かく裂くと食べやすくなり、味もしみ込みやすい。 

f:id:katakorix:20170822142611j:plain

 

しめじとえのきは根元を切り落としてほぐす。 

f:id:katakorix:20170829185116j:plain

 !! 火を通す前のキノコは大量ですね。

 

2.たまねぎは繊維に沿って薄切りにする。赤ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を除き、白いワタをそぎ取り、縦に細切りにする。

f:id:katakorix:20170822142650j:plain

 

3.鍋にAを入れて弱火にかけ、香りがたったら、しいたけ、しめじ、えのきを順に加える。

f:id:katakorix:20170822142737j:plain

 

中火にして白ワインを加え、ふたをしてきのこがしんなりするまで蒸し煮にする。 

f:id:katakorix:20170822142756j:plain

 !! 火を通して、大分かさが減りました。

 

4.火を止めて、蒸し汁にBを溶かし、たまねぎを加えて混ぜる。 

f:id:katakorix:20170822142836j:plain

 

粗熱が取れるまでそのままおき、米酢を加える。味をみて塩、こしょう各少々で調え、食べる前に赤ピーマンを加えて混ぜる。器に盛り、パセリを散らす。 

f:id:katakorix:20170822142949j:plain

 

 

●食べてみた!

この日は、とうがんと鶏の葛ひき、きゅうりの浅漬け、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。 

f:id:katakorix:20170822141311j:plain

 

味噌はほのかに香る程度で、とても爽やかなマリネです。でも、味噌が入っているので、ごはんのおかずにもなりそうです。

 

大量にできあがりましたので、半分は冷凍しておきました。今後、パスタのソースなんかにも活用できそうな気がします。楽しみです。

   

★☆

この日は、他に、「きのこ鍋」「しめじと鶏肉の梅煮」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com