作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【番外編】「ろく助塩」を使って「きゅうりの浅漬け」を作ってみた!


スポンサーリンク

「ろく助塩」は旨味成分がたっぷり含まれた塩。

「きゅうりの浅漬け」や「塩むすび」など、普通の塩でもよいのですが、この「ろく助塩」を使うと、それだけで数段美味しくなるんです。

  

f:id:katakorix:20170821213800j:plain

 

 

「ろく助塩」とは?

数年前にどこかのブログで見たのがキッカケでした。調べてみると、「串焼き ろく助」の店主が作ったとのこと。確かに、串焼きで塩は重要ですもんね。

 

普通の塩に含まれているグルタミン酸は2%程度だそうですが、ろく助塩にはグルタミン酸が12%も含まれているそうですよ。

 

詳細はこちら

《ろく助塩公式通販》マスコミで評判のおいしい塩、5,000円以上で送料無料

 

公式サイトから購入すると5,000円で送料無料ですが、Amazonや楽天で購入するともう少し安くても送料無料になりますよ。

まずは「きゅうりの浅漬け」

①きゅうりを切ります。

 

f:id:katakorix:20170821213639j:plain

!! どんな切り方でもokですが、私は叩いてから乱切りするのが味が染みて好きです。

 

②ポリ袋に入れて「ろく助塩」を振りかける。

f:id:katakorix:20170821213659j:plain

 

 

③あとは、ポリ袋を揉んで冷蔵庫に放置する。

 

f:id:katakorix:20170821213730j:plain

 

 

もう一つのオススメは「塩むすび」 

 これは、塩の代わりに「ろく助塩」を手に付けてにぎるだけです。

f:id:katakorix:20170822140212j:plain

 

 

 「ろく助塩」を知ってから、時々、我が家の夕飯は、つまみ類と塩むすびになりました。

  

コスパ良し

150gで1,000円を高いとみるか、安いとみるか、微妙な感じもしますが、ふだんの料理には普通の塩を使い、おむすびと浅漬けの時だけ「ろく助塩」を使っているので、なかなか無くなりません。

 

私は2袋購入して、友人に1袋プレゼントしてみたら喜ばれましたよ。コスパは悪くないのではないかと思います。

 

 

 

 

★★★