作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】ゆで鶏と塩もみきゅうりの冷やし中華(コウケンテツ)


スポンサーリンク

2017年8月7日(再放送は8月8日)の放送は、コウケンテツさんの「コウさんちの夏ごはん」です。今回はその中から「ゆで鶏と塩もみきゅうりの冷やし中華」を作ってみました。 

f:id:katakorix:20170804230940j:plain

 

夏のお昼ご飯は、ついつい市販の冷やし中華で済ましてしまいがちですが、こちらのレシピは、それほど面倒ではないので、ササっと作れちゃいますよ。

 

肉と野菜がたっぷり入っていて、栄養も満点です!

  

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(4人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で700円くらいです。

f:id:katakorix:20170804231027j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年8月号[雑誌]

・鶏もも肉 ・・・(大)2枚(650g)

・きゅうり ・・・2本(200g)

・セロリ ・・・2本(300g)

・ねぎ(青い部分) ・・・1本分

・にんにく(つぶす) ・・・1かけ

・A

 ・しょうが(すりおろす) ・・・1かけ分

 ・しょうゆ ・・・80ml

 ・酢 ・・・大さじ4

 ・砂糖 ・・・大さじ2

 ・白ごま ・・・大さじ1

・中華麺(冷やし中華用) ・・・4玉

・塩、酒、ごま油

 

作ってみた!

下ごしらえとして、にんにくをつぶして、しょうがはすりおろしておく。

f:id:katakorix:20170804231139j:plain

!! しょうがはチューブのものを使用しました。

 

1.鶏肉は身の厚い部分に切り目を数本いれる。きゅうりは縦半分に切って5mm厚さの斜め切り、セロリは葉と筋を取って5mm厚さの斜め切りにし、

f:id:katakorix:20170804231223j:plain

!! 5mmって、けっこう分厚いですが、塩もみするとしなっとするので大丈夫です。

 

それぞれ塩をふって5分間おき、水けを絞る。

f:id:katakorix:20170804231322j:plain

 

2.鍋に鶏肉、ねぎ、にんにく、水カップ3、酒カップ1/4、塩小さじ1を入れて強火で煮立てる。アクを取って弱火にし、6~7分間ゆでる。鶏肉は水からゆでて、うまみをゆで汁に出す。

f:id:katakorix:20170804231403j:plain

 

3.鶏肉を取り出してバットに入れ、紙タオルをかぶせる。その上から、玉じゃくし1杯分のゆで汁をかけて粗熱が取れるまでおき、

f:id:katakorix:20170804231506j:plain

 !! この方法なら、肉が乾かずにシットリするんですね。良いアイデアですね。

 

縦半分に切って薄切りにする。

f:id:katakorix:20170804231638j:plain

 

ゆで汁は大さじ4とっておく。

f:id:katakorix:20170804231712j:plain

 

4.ボウルに3でとりおいたゆで汁とAを混ぜ、ごま油大さじ1を加えて混ぜる。ラップをかけて冷蔵庫で冷やす。 

f:id:katakorix:20170804231739j:plain

 

5.中華麺は袋の表示時間どおりにゆでてざるに上げ、流水で洗って水けを絞る。  

f:id:katakorix:20170804231853j:plain

 !! 氷でしめましたよ。麺がシャキッとして、より美味しくなります。

 

器に盛り、鶏肉をのせる。きゅうりとセロリをサッと合わせてのせ、4のたれをかける。

  

食べてみた! 

この日は、ゆで汁を薄めて細ねぎを入れたスープと一緒にいただきました。

f:id:katakorix:20170804232048j:plain

 

 

シットリとした鶏肉と、大き目の野菜がサッパリしていて、とても美味しかったです。

 

思っていたほど手間もかからなかったので、今度から、我が家の冷やし中華はこれになりそうです!

 

★★

  この日は、他に、「辛くないマーボー春雨」「鶏のジューシートマト竜田揚げ」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com