作ってみた!

  テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。「NHK 今日の料理」「男子ごはん」等。

【きょうの料理】ささ身のカリカリ揚げ(土井善晴)

2017年8月3日(再放送は8月7日)の放送は、土井善晴さんの「味こよみ」です。今回はその中から「ささ身のカリカリ揚げ」を作ってみました。

f:id:katakorix:20170801114001j:plain

 

安いささ身で一品作れるのがいいですね。小さいプライパンで作るので、揚げ物ですが、気軽に作れます。

 

コーンフレークスの衣も、パン粉よりも固いので美味しくなりそうな予感がします。期待できそう~

 

でも、肝心のお味は・・・

 

●材料(2人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は300円くらいです。

f:id:katakorix:20170801112350j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年8月号[雑誌]

・ささ身 ・・・4本

・衣

 ・小麦粉、溶き卵 ・・・各適量

 ・コーンフレークス ・・・40g

・塩、揚げ油

 

●さっそく、作ってみた!

コーンフレークスはしっかりした茶紙ではさみ、綿棒などを転がし顆粒状に細かくする。コーンフレークスの揚げ衣は、細かく砕いてもカリカリとおいしいです。

f:id:katakorix:20170801112543j:plain

!! A4の入る封筒に入れて綿棒を転がしました。袋なので、砕けたコーンフレークスが外に飛び出すこともなく、オススメですよ。

 

2.ささ身は筋があれば取って塩少々をふり、

f:id:katakorix:20170801113059j:plain

!! 少し前、筋を取るのに失敗して、身をボロボロにしてしまったので、慎重に行いました。筋に沿って包丁を入れておくと、きれいに取れるんですね。

 

小麦粉をまぶして余分な粉を落とし、溶き卵にくぐらせて、1のコーンフレークスをしっかりまぶしつける。押さえつけるようにするとよい。

f:id:katakorix:20170801113327j:plain

!! 封筒の側面一方と底を切り裂き、封筒の上で小麦粉とコーンフレークスを付けたので、簡単でしたよ。余った粉は包んでそのまま捨てればOK。

 

3.小さいフライパン(直径20cm)に揚げ油を1cm深さほど入れ、菜箸を入れて端先から泡が出るくらいに温め、

f:id:katakorix:20170801113714j:plain

 

2を入れてこんがり揚げる。

f:id:katakorix:20170801113755j:plain

!! 少しの油で少量揚げられるのはいいですね。これなら、揚げ物の負担があまりありません。

  

●食べてみた!

この日は、ラタトゥイユの冷たいパスタ、枝豆、スープと一緒にいただきました。

f:id:katakorix:20170801113836j:plain

 

コーンフレークスの衣が固くてジャリジャリとして、とても美味しかったです。少し時間が経ってから食べましたが、ジャリジャリ感は残っていましたよ。

 

小さなフライパンで簡単に作れるので、ちょっと肉系を一品追加したいというときにも、良さそうです。簡単で美味しかった!また作りたいです。おやつに良さそう。

  

★★

  この日は、他に、「えびのコーンフレーク揚げと角切りトマトのサラダ」「夏野菜のあえ混ぜ」「トマトとしらすの三杯酢」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com