作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】しっとり蒸し鶏(ワタナベマキ)


スポンサーリンク

2017年8月22日(再放送は8月23日)の放送は、ワタナベマキさんの「新 家庭料理の定番60」です。今回はその中から「しっとり蒸し鶏」を作ってみました。

 

f:id:katakorix:20170730212601j:plain

 お手頃なむね肉を使えば、安くしっかりしたおかずができるので、家計には大助かりですよね。放置しておくだけですので、夏にオススメのメニューです。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は350円くらいです。 

f:id:katakorix:20170730213905j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年8月号[雑誌]

・鶏むね肉 ・・・1枚(300g)

・しょうが(皮付きのまま薄切り) ・・・1かけ分

・ねぎ(青い部分) ・・・1本分

・大根 ・・・150g

・きゅうり ・・・1本

・A

 ・しょうゆ、黒酢、ごま油 ・・・各大さじ1

  ・ねぎ(みじん切り) ・・・10cm分

・砂糖、酒、塩

 

作ってみた! 

下準備として、しょうがを薄切りに、ねぎをみじん切りにする。 

f:id:katakorix:20170730212753j:plain

 

1.鶏肉は常温に戻し、好みで皮を取り除く。切り開いて厚さを均一にし、砂糖大さじ1をよくも見込み、10~15分間おく。内側に水分を封じ込め、柔らかくジューシーな仕上がりになる。 

f:id:katakorix:20170730213834j:plain

!! 砂糖でジューシーになるんですね。初めて知りました。

 

2.フライパンに1を入れ、酒、水各カップ1/4、塩小さじ1、しょうが、ねぎの青い部分を加えて、中火にかける。 

f:id:katakorix:20170730212840j:plain

   

煮立ったら裏返して弱火にし、ふたをして約8分間蒸し煮にする。火を止め、そのまま粗熱がとれるまでおく。余熱を利用するので、鶏肉に火が通りすぎず、硬くならない。 

f:id:katakorix:20170730212905j:plain

 !! このまま30分くらい放置しておいたら、粗熱が取れていました。

 

3.大根ときゅうりはピーラーで薄切りにする。 

f:id:katakorix:20170730212929j:plain!! ピーラーを使うので、簡単ですね。

 

Aを混ぜ合わせる。 

f:id:katakorix:20170730212955j:plain

 !! しょうがとか入れないでいいんですね。とてもシンプルなタレです。 

 

4.2を食べやすい大きさに切って器に盛り、大根ときゅうりを添え、Aをかける。

  

食べてみた! 

この日は、厚揚げ焼き、アボカドとトマトのサラダ、ご飯、みつばのお吸い物と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20170730214257j:plain

 

鶏むね肉の調理方法は、少し前に作ってみた「ゆで鶏のたまねぎ塩だれ」と同じで、とてもしっとりしていて美味しかったです。

 

www.tsukuttemita.com

 

どちらも美味しいのですが、違いはタレで、今回のレシピの方が断然簡単です。あと、今回の付け合わせ野菜である、ピーラーでむいた大根ときゅうりは、鶏むね肉と一緒に食べると、とても合いました。

 

ということで、今回の蒸し鶏も合格点です!

 

★★

 この日は、他に、「一口タンドリーチキン」「簡単ガパオライス」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com