作ってみた!

  テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。「NHK 今日の料理」「男子ごはん」等。

【きょうの料理】ゆで卵と豚ひき肉のマヨギョーザ(牛尾理恵)

2017年7月24日(再放送は7月25日)の放送は牛尾理恵さんの「アイデアギョーザ大百科」です。今回はその中から「ゆで卵と豚ひき肉のマヨギョーザ」を作ってみました。

 

f:id:katakorix:20170717211150j:plain

 

餃子にゆで卵?マヨネーズ??と私には不思議な材料でしたが、ゆで卵は食感が残って楽しかったです。あと、マヨネーズってコクが出るんですね。何もつけずに、そのまま食べられました。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

●材料(20コ分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は300円くらいです。

f:id:katakorix:20170717211825j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年7月号[雑誌]

・ゆで卵 ・・・2コ

・A

 ・鶏ひき肉 ・・・180g

 ・マヨネーズ ・・・大さじ1と1/2~2

 ・塩、黒こしょう(粗びき) ・・・各少々

・ギョーザの皮(市販) ・・・20枚

・ごま油

  

●さっそく、作ってみた!

まずは、ゆで卵を作ります。

f:id:katakorix:20170717211934j:plain

!! 私は、ゆで卵はこんな道具を使って作っています。水を入れてレンジで10分放置するだけで簡単に作れますよ。2~3コなら、この方が簡単。

 

1.ゆで卵は粗く刻み、

f:id:katakorix:20170717212504j:plain

!! 粗く刻んだ方が卵の食感が残って美味しいです。 

  

Aとともにボウルに入れ、よく練り混ぜる 

f:id:katakorix:20170717212610j:plain

!! ゆで卵の黄身がつぶれてしまうので、軽く和えるだけで良いんですよ。 

 

2.ギョーザの皮1枚をてのひらに広げ、1の1/20量を中央にのせ、

f:id:katakorix:20170717212713j:plain

!! ひだを付けないので多めに入れて大丈夫です。それでも少し余りました・・・

 

皮のふちに水を塗って二つ折りにし、口を閉じる。残りも同様に包む。 

f:id:katakorix:20170717211333j:plain

!!ヒダはつけなくていいので簡単です。アッという間に包めてしまいます。

 

メモ この状態で冷凍保存可能(約2週間)。ただし、ゆで卵は細かいみじん切りにしたほうがおいしく冷凍できる。食べるときは凍ったまま茹でる。

f:id:katakorix:20170717212940j:plain

 

3.フライパン(直径26~28cmが最適)にごま油大さじ1を強火で熱し、2を前面に円く並べる。焼き色がついたら水カップ1/2を注いでふたをし、3分間ほど中火で蒸し焼きにする。

f:id:katakorix:20170717213107j:plain

!!半量ずつ焼いたので、小さめフライパンを使いました。

 

4.ふたをあけて強火にし、余分な水分をとばしながらカリッと焼く。

  

●食べてみた!

この日は、青梗菜炒め、冷奴、ちりめんおろし、かぼちゃサラダ、ごはん、味噌汁と一緒にいただきました。

f:id:katakorix:20170717211411j:plain

 

3日連続餃子だったので、味は違っていても、さすがに少々飽きてきました・・・

 

材料が肉とゆで卵だけなので当然ですが、お肉感しかありません。個人的には、野菜のシャキシャキ感が欲しいところです。

 

タレを付けないで、そのまま食べられるのは良いですね。マヨネーズのコクが効いているような気がします。お決まりの酢醤油を付けて食べる餃子とは、ちょっと違っているので、普通の餃子に飽きた時には良いのかもしれません。

 

  この日は、他に「もやし&とうもろこしの棒ギョーザ 」「はんぺんと鶏のふわふわギョーザ」「トマトとツナのカレーギョーザ」「ハムポテト揚げギョーザ」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com