作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】もやし&とうもろこしの棒ギョーザ(牛尾理恵)


スポンサーリンク

2017年7月24日(再放送は7月25日)の放送は牛尾理恵さんの「アイデアギョーザ大百科」です。今回はその中から「もやし&とうもろこしの棒ギョーザ」を作ってみました。

 

f:id:katakorix:20170715210220j:plain

 

包まない餃子なので、簡単に作れそうです。お子さんに手伝ってもらってもいいですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(20コ分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は驚きの300円くらいです。

f:id:katakorix:20170715201316j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年7月号[雑誌]

・もやし(ひげ根は取る) ・・・150g

・豚ひき肉 ・・・200g

・A

 ・コーン(缶詰/缶汁をきる) ・・・50g

 ・塩、黒こしょう(粗びき) ・・・各少々

・ギョーザの皮(市販) ・・・20枚

・ごま油、しょうゆ

  

作ってみた! 

まずは、もやしのひげ根を取る。

f:id:katakorix:20170715201342j:plain

!! もやしは安いですが、これが大変ですよね。でも、あると無いでは大違い。面倒ですが、必ずひげ根は取りましょうね。

 

1.ボウルにもやし、ひき肉、Aを合わせ、もやしを降りながら、よく練り混ぜる。

f:id:katakorix:20170715201609j:plain

!! もやしはきちんと折らないと、包みにくいですよ。ポキポキする感触が楽しい~

 

2.ギョーザの皮1枚をてのひらに広げ、1の1/20量を中央にのせる。皮の片側を折り、もう片側の縁に水を塗ってから折りたたむ。

f:id:katakorix:20170715202126j:plain

 

残りも同様に包む。

f:id:katakorix:20170715201924j:plain

 !! 包まないで折り畳むだけでよいので簡単です。あっという間に包めます。

 メモ この状態で冷凍保存可能(約2週間)。食べるときは凍ったまま焼く。

  

3.フライパン(直径26~28cmが最適)にごま油大さじ1を強火で熱し、2を皮の閉じ目を上にして並べる。焼き色がついたら裏返し、水カップ1/2を注いで水分がとんでカリッとするまで3分間ほど焼く。器に盛り、しょうゆ適量を添える。

f:id:katakorix:20170715210505j:plain

!! フタをしないので、焦げ付く心配があまり無いのがいいですね。

   

食べてみた!

この日は、レンジなすのおろしがけ、ワカメの酢の物、冷奴、ごはん、味噌汁と一緒にいただきました。

f:id:katakorix:20170715210726j:plain

 

これで1/3量です。大量に出来上がったので残りの1/3は冷凍しました。簡単な割にはたくさんできるのはいいですね。時間の無いときのおかずにしたいと思います。

 

お味は、特別なものを入れているわけではないので、びっくりするほど美味しいということも無いです。もやしの食感は残っていてイイ感じです。

 

でも、確実に通常の餃子よりは簡単に作れますので、簡単に餃子を作りたいという時には良いかもしれませんね。

 

  この日は、他に「ゆで卵と豚ひき肉のマヨギョーザ」「はんぺんと鶏のふわふわギョーザ」「トマトとツナのカレーギョーザ」「ハムポテト揚げギョーザ」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com