作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】サッとチャイナカレー(堀江ひろ子)


スポンサーリンク

2017年7月5日(再放送は7月6日)放送は、堀江ひろ子さんの「夏のお助けレシピ」の3日目です。今回は「サッとチャイナカレー」を作ってみました。

 

f:id:katakorix:20170630002547j:plain

 

ルーを使わないのでヘルシーです。また、煮込む必要がない簡単時短料理なので、普段料理をしない人にもオススメです。

 

でも、肝心なお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。材料費は550円くらいでした。 

f:id:katakorix:20170629214930j:plain

 

引用元:きょうの料理27017年7月号[雑誌]

・豚肩ロース薄切り肉 ・・・150g

・下味

 ・しょうゆ、酒 ・・・各小さじ1

 ・カレー粉 ・・・小さじ2~3

・エリンギ ・・・1パック

・ピーマン ・・・2コ

・ねぎ ・・・1/2本

・しょうが、にんにく(各みじん切り) ・・・各1かけ分

・A

 ・オイスターソース ・・・大さじ1と1/2

 ・トマトケチャップ ・・・大さじ1

 ・紹興酒(または酒) ・・・大さじ1

 ・水 ・・・カップ3/4

・ごはん

・五香粉 ・・・適宜

・かたくり粉、ごま油、しょうゆ

 

 

作ってみた! 

1.エリンギを縦半分に切って1cm幅に、

f:id:katakorix:20170629215019j:plain

 

2.ピーマンはヘタを取り除き、種は残したまま一口大に切る。

f:id:katakorix:20170629215253j:plain

!! ピーマンの種って食べられるんですね。種を取る手間も省けてゴミも減るので、これからは種も一緒に料理してみます。

 

ねぎ3cm分は芯を除いて細切りにし、水に放しておく。残りは縦4つに切リ目を入れてから粗みじん切りにする。

f:id:katakorix:20170629215520j:plain

 

豚肉は一口大に切る。

f:id:katakorix:20170629215648j:plain

 !! 私は、はさみで切っちゃいます。まな板を汚さないので便利ですよ。

 

2.フライパンに豚肉、下味の調味料を入れてもみ込む。かたくり粉小さじ1をふり混ぜ、ごま油大さじ1を加えて全体をほぐし、強火にかける。ボウルなどを使わずフライパンで調味料をもみ込めば、洗い物が減って後片付けがラクに。

f:id:katakorix:20170630001830j:plain

!! コレも目から鱗でした。フライパンで下味をつけるなんて発想は、全くなかったです。参考になります。

  

3.豚肉の色が変わったら、エリンギ、ピーマン、粗みじん切りにしたねぎ、しょうが、にんにくを加えてサッと炒める。

f:id:katakorix:20170630001954j:plain

 

Aを加えて煮立て、5~6分間煮る。しょうゆ適量で味を調え、好みで五香粉を加える。ねぎ、しょうが、にんにくは野菜と一緒に炒める。先に炒めるより焦げにくく、十分に香りが出る。

f:id:katakorix:20170630002030j:plain

!! 五香粉のかおりが家中に広がります。

 

ご飯を皿に盛り、3のカレーをかける。1で水に放したねぎの水けをきってのせる。

 

食べてみた! 

この日は、水菜のお浸し、ピーマン細切り、蕪とハムのスープと一緒にいただきました。

f:id:katakorix:20170629221735j:plain

中華のお店のカレーの味でした。煮込みが必要な材料は一切入れていないので、15分程度で出来上がります。

  

ピーマンの種って食べられないと思い込んでいたのですが、調べてみたところ、血行促進の成分が入っており、海外では取らないのが普通だそうです。種ごと料理すれば、種を取る手間が省け、ゴミも減るので一石二鳥じゃないでしょうか?

 

五香粉は、ちょっと苦手だったので、次回からは省略します。入れなくてもOKです。

 

あっさりしているのに食欲をそそるので、また作りたい!と思える料理でした。でも、絶品というほどではないので、星3つにあと一歩の星2つとさせていただきました!

 

   この日は、他に「シーフードとアボカドの豆乳カレー」「レンジでキーマカレー」が紹介されました。